声優と俳優の違いは特に演技指導にあり!

こんにちは。フリーのボイスアクターみかんです。

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。

今回、プロの俳優さんが、声優の仕事に関して語っていたのを拝聴し、面白いと思ったことがあったのでご紹介します。

「俳優の場合は、実際に会って芝居を合わせたり、役作りに関しても監督から演技指導を受けながら修正したり、打ち合わせをしたり、事前の準備時間が長いんですよね。

その点、声優は、台本をもらって、何度も自分で練習をして、自分の中でいくつかパターンを用意して、

それで、現場に行って、収録してオッケーが出たら終わりなんですよね。

なんだか顔合わせの機会が少なくて初めはびっくりしました。

声優は俳優の兼業でここ15年くらい、本当に映像が発達したからできた職業なんですよね。

百聞は一見にしかず、といいますけど、

100の画像を見るより、1回声や音を聞いて分かってしまうものもあるので、

本当に音はたくさんの情報を含んでいると思います。

声の演技もプロとしてどんどん取り組んでいきたいですね。」

こうやって、声優と俳優の、実務での違いを知ると面白いですよね。

日ナレの記事にも書きましたが、

2年間みっちり役者としての稽古をするくらい、

声優は俳優としての演技力が必要とされています。

声優としての活躍を夢見て、一緒にがんばりましょう!

夢を見て努力したことは、あなたを裏切りませんよ。

今日も良い一日を祈っています。

 

みかん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です