声優になるために良質な睡眠環境を整えよう!

こんにちは。フリーのボイスアクター、みかんと申します。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

先日、寒くて寝れないという話をしましたが、睡眠は本当に大事ですよね。

 

まず、くちびるやのどは粘膜なので、身体の変化に敏感。

風邪をひくとすぐ声が出なくなったり、鼻がぐずついたりしてしまいます。

 

また、顔のや爪の周りの皮膚もとても繊細です。

疲れて栄養がいかなくなると、吹き出物や、くま、ささむけなど、

「なんか疲れてるね」と見える原因になってしまいます。

 

再三お伝えしていますが、

「声優」は人に影響力を与える仕事。

声は何よりも、人に色々なイメージを喚起させる大切な情報です。

ここで元気がないと、人は姿が見えないので、

とても心配してしまったり、不愉快な気分になるでしょう。

 

声優になるなら、元気で、しなやかに生きていきましょう。

 

ウィリアム・C・デメントさんが、「良い睡眠方法・環境の条件」というものを提唱しています。

下記がその項目になります。

 

  • 夜になったら、覚醒効果のあるカフェインを含む飲み物は避ける。
  • 夕食やアルコールは、眠りの質を下げるので就寝時間の三時間前には済ませる。
  • 自律神経を整えるため、就寝時間を一定にする。
  • 寝る前に○○をする、という習慣をつけると、身体が準備をしてよく眠れる。
  • 寝室を暗くして、寝室を静かな環境にして、寝る前から眠る準備をする。。
  • 寝室の温度を適切なものにする。
  • マットレスや枕、毛布などの寝具を自分に合ったものにする。

 

いかがですか?

 

以前にもお伝えしましたが、上機嫌である人と、人は一緒に働きたいと思います。

ベテラン声優さんのインタビューをきくと、みんなパワフルで快活で、人柄から丸ごと大好きになってしまう人が多いです。好きな人からは何を聞いても元気が出ます。

 

深く眠れる環境を整えることは、人生の質を上げ、さらに良い仕事をもたらしてくれます。

 

声優の「森久保祥太郎」さんは25歳までに役者1本で生きていきたいと思って、

頑張った結果夢をかなえ、第一線で活躍しています。

 

目標を持ち、魅力的な人になるために、自分に投資しましょう。

 

 

もし眠れないあなたへ

 

不眠症の自覚はありますか?

 

もし眠れないのなら、カウンセリングや、東洋医学的な体質改善など、色々な手段があります。

 

改善策はお医者さんに行って睡眠薬、だけではないのです。

 

多くの場合、「安心感の欠如」が不眠の原因と考えられています。

 

安心できない状況は、交感神経という自律神経の中でも覚醒させる神経を働かせ、

 

副交感神経という休ませる神経をストップさせてしまいます。

 

環境を変えたり、カウンセリングで悩みを解消すると眠れると思います。

 

本当に眠れる環境を考えましょう。

 

面白い話ですが、霊長類であるチンパンジーやゴリラ、オラウータンなどの睡眠の特徴は、「寝床をつくる」ということだそうです。木の枝などを折り曲げてクッション性のあるベッドをつくり、皆で身を寄せ合って樹の上で寝るのです。

 

また、オーストラリアの原住民であるアボリジニーは、浅い穴を掘り、その中でまるまって就寝します。

寝ている間、哺乳類は無防備な状態になります。

それをカバーするために、親子関係や横のつながりを大切にし、

皆で生きるということを選択してきました。

 

安全で眠れることは、本能と深いかかわりがあります。

 

あなたは一人じゃないのです。

 

誰かに打ち明けて、サポートを求めてくださいね。

 

 

と、いうわけで声優になるための良質な睡眠の条件のお話でした。

 

 

声優の道は一生続きます。

 

一緒に頑張りましょう!

 

今日も良い一日を祈っています!

 

みかん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です